ザイデナでED治療!カボチャ種子エキスの効果

性欲があるのになかなか勃起が起きない、性行為の途中で勃起がなくなってしまうなど、男性機能に不安を抱えている男性も多いのではないでしょうか。勃起が満足に得られない状態をED(勃起不全)といい、成人男性の4人に1人が症状に悩んでいるといわれています。50代に起こりやすい症状ですが、現代では30代から発症することも珍しくなくなっています。動脈の異常が原因になって、EDが発症していることがあるので、EDの症状を感じたら、動脈の検査を行うことも大切です。また、高血圧や糖尿病などの生活習慣病や、前立腺肥大症もEDの原因になるので、しっかりと病院で治療をするようにしましょう。
生活習慣病や前立腺肥大症を改善させるには、食生活を見直すことも必要になってきます。何よりも、栄養バランスの取れた食事をすることが大事ですが、普段の生活では補えない栄養はサプリメントなどを活用すると良いでしょう。サプリメントの成分でカボチャ種エキスがありますが、カボチャ種子エキスは前立腺肥大症の症状を緩和する作用があるといわれています。高血圧を改善する作用もあるので、積極的に摂取するといいですね。
また、ED治療薬を使用することも改善には効果的です。ED治療薬として人気のあるザイデナは、世界30カ国以上で販売されていますが、韓国の製薬会社が開発・販売したものです。バイアグラなどの欧米のED治療薬よりも、アジア人を対象にして開発されたので、日本人の体質に合いやすくなっています。服用して30分程度で効き始めるため、即効性があることも人気のひとつになっています。勃起持続時間も12時間と長いので、早漏の悩みを抱えている人にもぴったりなED治療薬でしょう。